こんにちは☆ ヽ(*´ω`*)ノ
ようこそいらっしゃいませ☆ 。゚+.(o´・ω・`o)+.゚。
趣味であるカメラと自転車のことを主に書いています。
カメラは始めて一年半ほどになります。デジイチにペンタK10D、コンデジにパナLX-3を愛用中です。
自転車は2008年7月から乗り始めたDAHON speed P8という折りたたみ自転車に乗って
ポタや輪行を楽しんでいます。年末から台湾製ブロンプトンが仲間に加わりました。
ユルリとココアでも飲みながら見てやってください☆ ヾ(-ω-`o)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご近所フラッとお祭り見物☆ (○´・ω・)


ヾ(*´・∀・*)ノ゚o。oコンニチヮンo。o゚ヾ(o´・∀・o)ノ


先週の日曜日のことですが午前中に所用を済ませ午後から家で
マッタリ過ごしながらパソをいじっていました。
ネットお知り合いのいわしさんのブログを拝見していると
本日「東照宮御社参曳行」なるものがあるとのこと
詳細を見るとどうやら家の近所を山車が曳行されるようです。

今日は朝まで雨が降っていたので開催されているか
わかりませんでしたが夕方に見に行ってみました。

予定では朝の7時半から夕方17時半まで曳行されるそうです。
今の時間から考えて15時45分到着予定の文化のみち二葉館で
待ってみることにしました。


文化のみち二葉館



ここは昨年の今頃、腰痛のリハビリの為近所を歩いていた頃に来ました。

文化のみち二葉館は日本初の女優と謳われた川上貞奴と、
電力王と称された福沢桃介が、大正から昭和初期にかけて暮らしていた邸宅を
移築・復元し、貞奴の関連資料を展示するとともに、郷土ゆかりの
文学資料の保存・展示を行っているところです。
歴史ある建築物とお洒落なマンションが混在するここ撞木町でも
オレンジ色の屋根の洋館は一際目立つ存在です。


文化のみち二葉館



これだけ人が集まっているってことは中止にはならなかったようで
安心しました。
でも朝の雨の影響で予定より時間が遅れているようです。
待っている間に団扇をいただきました。
団扇には6月7,8日にまたお祭りがあるようなので
お休みが合えば見に行ってみるです。

そうこうしているうちに山車が近くまで来たようです。


文化のみち二葉館



山車は朝、筒井町を出発して各所を経由しながら
名古屋東照宮でのからくり奉納をし夕方筒井町に戻ってくるということです。
ほぼ一日山車を曳行するのですからかなりの距離ですね。。


東照宮御社参曳行



おー!来ました!
パトに先導されてやってきました♪
都会で山車を見るのは初めてです。


今年は、東区筒井町で保存されている湯取車が出来て350周年と言う事と
山車を保存している東区筒井町と元々東照宮祭礼車として作られた湯取車
が里帰りな名古屋東照宮がある中区の両区が100周年の記念行事として
「東照宮御社参曳行」が行われるとのこと


東照宮御社参曳行



いやー 最近こういう光景が好きです♪


東照宮御社参曳行



文化のみち二葉館へ車が入るのは開館以来初めてなのだそうです。
普段閑散として静かなこの辺りも今日は別世界な賑わいです。
洋館と山車の組み合わせは今後見れないかもな貴重なショットですね。。


そしてこの辺りでオイラはあることに気が付きました。
ここでも山車のからくり披露があるのですが、こんな写真を撮って
「うーん、いいねー」などと感じている場合ではなかったのです。


東照宮御社参曳行



からくりが始まった頃には山車の正面は人で埋め尽くされまともに
見れる場所がありませんでした、、


東照宮御社参曳行



アタフタしているうちに最後の紙吹雪が、、゚・・゚・(つД`゚)・゚・・

段取りの悪さとポジショニングの悪さは天性のものと確信した瞬間でしたw


東照宮御社参曳行



一段落してからやっと正面ゲットw


東照宮御社参曳行



太陽を横から見てやっと青空が入れれました。
ここでちょっと休憩タイムなようです。

皆さんいい顔されていますね。。


東照宮御社参曳行


東照宮御社参曳行



お祭りの賑わいや山車なども好きですが
実ははっぴが好きなのだと最近気が付きました。
はっぴフェチ誕生ですw


東照宮御社参曳行



東照宮御社参曳行



そしてゴールの筒井町へ戻っていきました。

交通量の多い都会の道路を臨機応変に流れるような規制をし
山車の曳行をスムーズになるよう頑張っておられた
警察の方々のプロ魂にも感心しました☆


これから夏にかけてお祭りが沢山あるので
今から楽しみであります。
そしてヤフオクではっぴを物色しているオイラなのでした☆
スポンサーサイト

theme : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
genre : 写真

バラが咲いた(の?)バラが咲いた~(の?)♪



コンニチニャホ━━ヽ(*´ω`*)ノ━━ォォ!!!


今年もバラが咲きました♪
先日は鶴舞公園へ行ってきましたが今度は春日井市にある
王子バラ園へ行ってみました。
ここを訪れるのは昨年から数えて3回目であります。

訪れたのは台風の影響で朝方まで雨が降っていた日でした。
雨は上がっていますがまだ時折強い風が吹いています。

ここは200種類2000本余りのバラが5000㎡の敷地に咲いています。
王子製紙春日井工場の敷地内(社宅に隣接)にあり
入場は無料でだれでもバラを楽しむことができる所です。
手入れも行き届いており訪れた時も施設の方々が掃除や剪定を
されていました。

バラも品種ごとに名前のプレートが掛かっているのでとても親切で
オイラのような「名前全然シラネw」な人でも大丈夫そうです。

平日のお昼近くでしたが結構な人が訪れていました。

今回はなるべく名前のプレートも合わせて撮るように心がけました。

これだけあると咲いているバラやまだ蕾のものまであるので
園内を歩きながら咲いている物の中から気に入ったものをパシャパシャする
感じですね。

昨年秋に訪れた時よりも沢山咲いていたので嬉しかったです。


エマニエル

「エマニエル」
 


ハッとするピンク色が綺麗なエマニエルというバラです。
あまり派手ではない程よいピンクが上品さを醸し出していました。

ここは鶴舞公園の時よりもバラの近くに寄れるので写真が撮りやすいです。
そして時折強風が吹くので風待ちをしながらのノンビリ撮影です。


エバーゴールド

「エバーゴールド」


花は大輪を咲かせるのですが枯れ始めているものも多かったので
まだ状態のいい小さいものを選びましたので何のバラかよくわかりませんねw(^^;


モーニングジュエル

「モーニングジュエル」


朝の宝石っぽく撮ってみましたw (・ω・;A)アセアセ…


トゲトゲ☆



そしてたまには脇役のトゲトゲさんも。。


セクシーレクシー

「セクシーレクシー」


プレートはセキシーレキシーとなっていましたがググっても
出てこなかったと思ったら、、セクシーレクシーというバラでしたw

雨露の残りが花弁の真ん中で光っていました☆


ニュードン

「ニュードン」


人形劇の人形のように見えてしまいました。
前足揃えて「こんにちは」しているみたいです。 (*´ω`*)



フラウ・カール・ドルシュキー

「フラウ・カール・ドルシュキー」


白いバラはホワホワした感じに撮りたくなっちゃいます。




マダム・ヴィオレ

「マダム・ヴィオレ」

マダム・ヴィオレ

「マダム・ヴィオレ」


おー!これはサイトお知り合いのオオタ氏が好きなバラですね♪
綺麗な薄紫色ですねー☆
寺西菊雄さんという日本人の方の作品です。
オイラも気に入りました♪

ベン・プリン○ (○は白飛びw)

「ベン・プリン○」


プレートが「ベン・プリン○」となっていました。
○の部分は白トビしていてわかりませんw (〃゚д゚;A アセアセ…
ベン・プリンとベン・プリンスでググってみましたが該当品種のバラは
見つかりませんでした、、
近似名ではベン・ムーンというバラがありましたが。。
今度再確認要ですねw


金閣

「金閣」


金閣をネットで調べたら黄色いバラみたいなので
もしかしたらこれはプレートの撮り間違いカモですw
これも今度確認要ですね。。


プリンセス・ミチコ

「プリンセス・ミチコ」


名前の通り1967年にイギリスのディクソン社から当時皇太子妃だった
美智子皇后に献呈されたものだそうです。
女王エリザベス2世から贈られたとも。。


真っ赤なバラ



この辺りから名前のプレートを撮り忘れたのがチラホラとw
真っ赤で大きなバラでした。(ミレバワカル)


フラミンゴ

「フラミンゴ」


たまには引いて撮ってみるです。
色がフラミンゴっぽいですね。


ポール・ビー

「ポール・ビー」



マーブル模様が綺麗なポール・ビー
どこの作品か興味がありましたがわかりませんでした。 (つД`゚)



ラウブリッター

「ラウブリッター」


花びらがクルっとしていて可愛いです。
カップ咲きというそうです。
お気に入りの一輪となりました♪


クイーンエリザベス


クイーンエリザベス

「クイーンエリザベス」


これも名前の通り1950年代に戴冠したばかりのエリザベス2世に
捧げられたバラだそうです。
アメリカ作出ということなのでミチコ様同様、バラを即位した時などに
他国へ名前を冠して送るのはよくあることなのでしょうか。。


開き方が整っておりとても綺麗なバラです。



とっても長くなりましたが最後に。。

マチルダ


マチルダ


マチルダ


マチルダ


マチルダ


マチルダさーーーん!

「マチルダ」フランス作出


王子バラ園で今回もっとも気に入ったバラがこれ 

「マチルダ」 です☆

マチルダと聞くと思わず「マチルダさーーーん!」byアムロ か
ジャン・レノ主演の映画レオンでナタリー・ポートマンが好演したマチルダを
思い出します。

バラを見て気に入り名前を見て更に気に入りました☆ .゚+.(o´∀`o)゚+.゚

状態がいいのは数輪でしたがこの一輪だけでしょうか
花びらがちょっとアンバランスな所もいいです。
クリーム色がかった白にピンクのボカシが薄っすらとしています。

何枚も撮ってしまいましたw


今回は強風に悩まされましたが沢山のバラで楽しませて
いただきました。

王子バラ園さんありがとでした☆











theme : 花の写真
genre : 写真

相変わらず鳥さん三昧☆ ヾ(*´・∀・*)ノ



最近お花を見に近所をブラブラしていますが
そんな時もキョロキョロしながら鳥さんを絡めてしまいます。


初見な鳥さんにも少し会うことができました。


ムナグロさん



知立にカキツバタを見に行って田んぼ道を走っていたら。。

夏羽のムナグロさんです。

図鑑で見るとよく似た鳥さんにダイゼンさんがいましたがこれもmixiのコミュで
同定(種類の特定)をお願いしたところムナグロさんと教えていただきました。


ムナグロさん



冬羽のムナグロさんです。
写真が黄色っぽいのはWBが曇りの設定だった為ですw


コアジサシさん



そして洲原池公園ではコアジサシさんに会いました。
とっても綺麗な鳥さんでホバリングはするはダイブはするはで
すっかりファンになってしまいました。
飛ぶ早さもかなり早く、飛び物フリークなオイラとしてはまたひとつ楽しみが増えました。
この日は近くに来てくれなかったのでまたの機会に頑張ります☆


コチドリさん



近所の川で見かけたコチドリさん
黄色いアイリングが可愛い小さなチドリさんです。
一度見たかった鳥さんだったので嬉しかったです♪


コサギさん



仲良くペアで飛ぶコサギさん。



スズメさん



たまにスズメさんも撮りたくなりますw


そしてツバメさんへ再度挑戦 。。ヽ(o`Д´o)ノ


ツバメさん



照準器を付けて300mmでシャッター速度は400~640ぐらいです。


ツバメさん



フォーカスは中央一点のAF置きピンとMF置きピンの試行錯誤です。


ツバメさん



至近距離でフレームに入れるのは照準器をもってしても至難の業です。・゚・・゚・(つД`゚)・゚


ツバメさん



オイラの前を通過するときツバメさんは「何してんの?」という顔で見ていますw

K10Dに限らないと思いますがシャッタースピード優先にすると絞りが開放を越えて
しまった時は感度がオートで設定した範囲を越えてしまうようです。
オイラは感度設定を100-400にしてありましたがこの時は500にされていました。
写真はほとんど少しトリミングしてツバメさんを中央に修正してあります。

まだまだ修行が足りないようです ε-(・´ω`・;A  

これからも挑戦は続くのでした☆



theme : 野鳥の写真
genre : 写真

エブリディ鳥撮り鳥見☆ (○´・ω・)ゝ


コン(○´・ω・)ゝバン(*´Å`*)ヮ(☆ゝ∀・)ッ♪


最近車で田園地帯を走っていると妙に田んぼの方が気になって
キョロキョロしてしまうオイラ

前方注意で安全運転ですね (・ω・;A)アセアセ…


そして田園地帯を走っていてケリさんを発見☆
今となってはケリさんも珍しくは思わなくなりましたが
視界に小さな物体が入ったので気になって車を停めてみると、、


ケリさんの雛ちゃん



おー!ケリさんの雛ちゃんですか!

初めて見ましたがホワホワして可愛いですね♪.゚+.(o´∀`o)゚+.゚


車の中から見ていると近くにチョコチョコと歩いてきてくれました。


ケリさんの雛ちゃん



小さな体で一生懸命餌を探しています。

田んぼには3匹の雛ちゃんがいました。

夕方なのでシャッタースピードが上がらず絶え間なく動き回る雛ちゃんは
ほとんどブレブレですw


親ケリさん



雛ちゃんのお母さんが優しく見守っています。

いつも聞くけたたましい鳴き声とは違い優しい鳴き声で雛ちゃんたちを
呼んでいるようです。


ケリさんの親子



一匹の雛ちゃんがお母さんの羽の裏に入って甘えています。


ケリさんの親子



もう一匹の雛ちゃんもやってきました。


ケリさんの親子



んしょんしょ。。


ケリさんの親子



ふー  (*´ω`*)


そして隣の田んぼに移動していきました。

もう一匹の雛ちゃんといえば冒険をしていたようで
暫くして戻ってきました。


時を忘れて眺めてしまいました☆

無事大きくなってもらいたいですね。。

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

紫に色染めて☆ ヽ(*´ω`*)

八橋かきつばた園



こんばんヽ(。・∀-)人(-∀・。)ノゎん♪



先日お祭りを見に行った知立はカキツバタでも有名なのでした。
なのでちょっくら行ってきました。

カキツバタは愛知県の県花であり知立市の市の花でもあります。
午前中の早い時間に行きましたがすでに多くの人で賑わっていました。

ここは知立市八橋にある無量寿寺(むりょうじゅじ)境内にある
八橋かきつばた園です。
臨時駐車場から歩いて程なくして到着です。

かきつばたまつりが開催中で露店も出ていました。
園内では小さな池がいくつもあり約3万本のカキツバタが
植えてあります。
オイラが行った時は最盛期を過ぎていたのかちょっと枯れかかって
いるものが多かったです。


八橋かきつばた園



八橋かきつばた園



上の写真にある石の灯篭の穴から覗くと。。


八橋かきつばた園



花の中心部を上から見てみれば。。


八橋かきつばた園



花びらの表面はシットリとして綺麗です。


八橋かきつばた園



水面に映るカキツバタ。。


八橋かきつばた園



地名が八橋だからでしょうか、京都の八つ橋がありました。


八橋かきつばた園



八橋かきつばた園



八橋かきつばた園



八橋かきつばた園



そして無量寿寺を後にしたオイラは次にカキツバタの群生地へ行ってみました。
無量寿寺から車で30分ほどで刈谷市の小堤西池にやってきました。

ここは日本三大カキツバタ自生地なのだそうです。
臨時駐車場は池からちょっと離れた州原池公園の駐車場でした。

小堤西池への途中で警備員の方に池のパンフレットを頂きました。
池までの道中パンフレットに目を通すと
昭和13年には国の天然記念物に指定されましたが池が放置されて
他の植物でカキツバタが覆いつくされるほどになったそうで
その後地元の方々の努力によりカキツバタ群生が蘇ったそうです。
でも天然記念物がゆえ肥料が使えないことや湧き水が近接の竹林に
吸われていることなど色々な問題でカキツバタは昔ほどの数は咲いていない
そうです。
花の変異も多くみられるということです。
土地の開発が進んでいく昨今、こういった自然の姿をいつまでも残していって
欲しいものですね。


小堤西池カキツバタ群生地



池に到着です。
広い池ですが水深は浅いようですね。
冬は渡り鳥さんが沢山渡ってきそうな予感の池です♪

カキツバタはまだ時期が早いのでしょうかあまり咲いていませんでした。

でもそこかしこで群生が見られました。


小堤西池カキツバタ群生地



小堤西池カキツバタ群生地



小堤西池カキツバタ群生地



池の中ほどではカモさんがお昼寝中☆


小堤西池カキツバタ群生地



小堤西池カキツバタ群生地



お花の最盛期は逃してしまいましたが雅な色に癒された一日でした☆
次はどんなお花が待っていることでしょうか。。

theme : 花の写真
genre : 写真

いつもの公園にて☆ (○´・ω・)ゝ



ヾ(*´・∀・*)ノ゚o。oコンニチヮンo。o゚ヾ(o´・∀・o)ノ


先日近所の公園をお散歩してきました。
名古屋城のお堀にいる白鳥さんが卵を温めていたのが気になったからです。
雨が降り続いていた影響でお堀の水位は50センチほど増水していましたが
白鳥さんの巣は高く作ってあったので無事でホッとしました。
でもまだ雛は生まれていないようでした。

歩道の藤棚もすっかり枯れていました。


ニャンコと杜若



池の畔では杜若(カキツバタ)が咲いていました。


名古屋城と杜若



名古屋城をバックに。。


カキツバタ



あまり本数はありませんがほどよく楽しめます。
ここは丁度名古屋城を池越しに眺めながら見れるのでいいです♪


杜若



杜若



柵があるので間近での撮影はできませんが
ベンチに座りながら花を見てノンビリするのもいいですね。


花菖蒲



ちょっとだけ花菖蒲も咲いていました。
葉の主脈がはっきりしていたのと
花が網目模様じゃないのでアヤメではないですよね、、 (^^;


シジュウカラの雛たん



そして桜の木ではシジュウカラの雛ちゃんが大きくなっていました。
もうじき巣立ちでしょうかね。。


(・ω・;A)アセアセ…



いつものように緑化センターの花壇でマクロに付け替えました。


(〃゚д゚;A アセアセ…



野草図鑑には載っていません (^^;


小さな薔薇



蜘蛛蜘蛛



…|ω・`*)



(⊃д⊂)



(^^;



名前のプレートキボンヌ、、 ε-(・´ω`・;A


(人´ェ`*)



.゚+.(o´∀`o)゚+.



このお花も名前がわかりませんが形と色が気に入りました♪


久しぶりー☆



久しぶりだにゃん☆


またにゃん☆




ありがとう♪
また来るにゃん☆  (人´ェ`*)

theme : スナップ写真
genre : 写真

綺麗な薔薇が咲きました☆ .゚+.(o´∀`o)

ヾ(・ω・о)ハロ♪ヾ(*・ω・*)ノ゙ハロ♪(о・ω・)ノ゙


サイトで知り合ったいわしさんのブログで鶴舞公園の薔薇が見頃だと知り
夜勤明けに行ってきました。

鶴舞公園は名古屋の中心にあり由緒ある有名な所ですが
何故かオイラは今まで行ったことがありませんでした。。

初めてなので駐車場もよくわからず結局遠いところに停めてしまったりw

公園をバラ園まで歩いていているといつもの公園とはちょっと違う雰囲気だと
思いました。
歴史ある建物がそう思わせるのでしょうか。。
平日の朝から沢山の方々が思い思いに時を楽しんでいました。

バラ園は公園の中ほどにありました。

おー!バラが満開、満開です♪

カメラマンの方も大勢います。

さーてどれから撮ろうかな。。

実はオイラはバラの撮影が苦手です。
なんていうか、かんていうか、兎に角苦手ですw


鶴舞公園のバラ



でも取り合えず撮ってみた。


鶴舞公園のバラ



どうもアップばかりになってしまう、、 (^^;

引いて撮っても構図の整理ができないことが多いバラさん

などと考えつつ撮る、撮る。。


鶴舞公園のバラ



鶴舞公園のバラ




鶴舞公園のバラ



鶴舞公園のバラ



鶴舞公園のバラ



鶴舞公園のバラ



鶴舞公園のバラ



鶴舞公園のバラ



鶴舞公園のバラ



鶴舞公園のバラ



鶴舞公園のバラ



後ろから失礼しマース (^^


鶴舞公園のバラ



落ちた花びらも美しきかな。。


それにしてもカメラマンだらけでした (^^;
中には霧吹きを持参されている方も、、(今度やってみよっと。)


鶴舞公園のバラ



奏楽堂をバックにバラ園を。


鶴舞公園のバラ



ここ鶴舞公園は明治43年に万博が開催され、その跡地に
名古屋市最初の公園として整備されたそうです。
昔は動物園もあったです。
そんな由緒ある所とは名古屋に生まれながら知りませんでした (^^;

theme : 花の写真
genre : 写真

空に泳ぐよ鯉のぼりぃ☆ ヾ(*´・∀・*)ノ



|ョ・`*)コン…|ョω・`*)バン…|ョ・ω・`*)わぁ♪


柱ぁのー傷ぅは一昨年ぃのー♪

などと歌っていたのはいつのことだったか。。

もう背は伸びませんが日々成長はしていきたいと思います。

ゴールデンウィークの終盤に鯉のぼりを見に行ってきました。
向かった先は知多半島は半田市です。

ここは昨年夏の暑いときに訪れたことがあります。。

その時の記事はコチラ→ 最近蔵マニア宵の口♪(^▽^酔)

こいのぼりは「はんだ蔵のまち 端午の節句」に合わせて半田運河に泳いでいます。

半田の鯉のぼり



市民の方々から寄付された100匹の鯉のぼりが元気に泳いでいます。


半田の鯉のぼり



ここ半田は江戸時代から酒や酢の醸造が盛んで製造元の黒塀の蔵が立ち並んでいます。
辺りはほのかに酢の匂いが漂います。


半田の鯉のぼり



半田の鯉のぼり



少しずつ日も落ちで来ました。


橋の上ではライトアップを待っている方々が三脚を据え付けて待っていました。
18時から鯉のぼりのライトアップがされるのです。

オイラもお声を掛けて横で三脚をスタンバイです。


半田の鯉のぼり



折角三脚をスタンバイしたので何故か多重露出ですw


半田の鯉のぼり



半田の鯉のぼり



鯉のぼりって元気に泳いでいるので風があると常に動いています。
なので夜間はシャッタースピードが上がらず被写体ブレになってしまいました。
これも躍動感ということでおkですね。。

こういった状況では色々設定をイジるので勉強になりました。


沢山の鯉のぼりと久しぶりに訪れた半田の街は潮の香りとお酢の香りで
よいお散歩ができました。


日が落ちる前に見慣れない鳥さんを見かけました。
最初はヒヨドリさんと思っていましたが囀りが違うで一応カメラに収めて
おいたのです。
といっても70mmなのでトリミングですがw


ツツドリさん



ツツドリさんは初見です。


これでゴールデンウィークの写真は整理できました。

次回からは通常営業に入ります☆ ヾ(・ω・о)

theme : スナップ写真
genre : 写真

旧東海道を歩いてみる☆ ヾ(・ω・о)



コン(○´・ω・)ゝバン(*´Å`*)ヮ(☆ゝ∀・)ッ♪


たまには少し歴史散策でもと思い他の用件のついでに
名古屋市は緑区有松へ旧東海道を歩いてみました。


有松



古い家屋が残されており非常に趣があります。


有松



有松



有松



ここ有松は有松絞りという染物が有名で古い染物問屋さんがそこかしこにありました。
そういえば小さい頃一度体験した記憶があります。


有松



有松



有松



有松



途中一軒のお店に入りお土産を買いました。
アキラさんという方が描かれた絵のポストカードと有松絞りのニャンコストラップです。

くじを引いてお菓子もいただきました。(ハズレですがw)


有松



一時間ほどでしたが古い町並みを楽しみました。

theme : スナップ写真
genre : 写真

行列を追いかける☆ (・ω・;A)



(⊃д⊂)コンニチ・・・∩・д・∩ ワァー


知立でのおまつりを見た後お隣の市、刈谷市へ次のお祭りを見る為に
移動してきました。
実は今日は刈谷のお祭りだけ見に来たのですが現地に早く着きすぎてしまい
アピタ(スーパーですw)で時間を潰していて知立のおまつりがあることを知って
急遽知立を先に見ることにしました。
しかし知立があまりに楽しかったので時間を費やしてしまい
刈谷に到着した時はお祭りも時間的にみても終盤にさしかかっていました。

そもそも町の中を練り歩くお祭りですからまずどこにいるのかわかりません。

市役所に車を停めさせていただいて通行止めをしていた警察の方に
お祭りの進行状況をお聞きして場所を教えていただきました。

このお祭りは大名行列が町を練り歩くというものです。

取り合えず遠くに見える行列を追いかけました。

ようやく行列の最後尾に追いつきました (〃゚д゚;A アセアセ…

そしてちょっとずつ先頭へと向かいました。


刈谷の大名行列



なんとか追いつきましたw
交差点の手摺りに座りながら行列を見ました。

このお祭りは江戸初期に市原稲荷神社の祭礼として始まったとされ
家康の生母・於大の方、腰元、少年武者、奴ら総勢約400人によっての
大名行列が刈谷の町内を練り歩きます。
知立とは違いあまり人出はなく気負いなく見れていいですね。

行列の傍らには父母の方々でしょうか一緒に歩いています。


刈谷の大名行列



刈谷の大名行列



刈谷の大名行列



刈谷の大名行列



刈谷の大名行列



写真が定点観測のようになっていますw
派手さはないですがこういうお祭りもいいですね。。


刈谷の大名行列



途中止まって記念撮影などもされていました。


刈谷の大名行列



行列はこの後ゴールの市原稲荷神社という所に向かいますがそこで撮ったほうが
雰囲気があって良かったかもしれませんがオイラにもう余力は残ってはいませんでしたw

この行列の最後尾をゴミ袋を持った地域の学生さんとかがごみを拾っていました。

今年はもっとお祭りを見てみたいです。

theme : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
genre : 写真

藤の残り香。。☆ (*´Å`*)



ヾ(*´・∀・*)ノ゚o。oコンニチヮンo。o゚ヾ(o´・∀・o)ノ


ゴールデンウィークのお休みも終盤な頃
早朝に藤を見に行きました。
今日の天気予報は朝から雨のようですがまだ降り出していないようです。
向かったのは名古屋市の西にある津島市の天王川公園です。
ここは12種114本の藤があり藤棚は東洋一の大きさだそうです。
藤まつりも開催中でしたが朝早いのでまだ露店の方たちもいません。


天王川公園の藤



さすがに東洋一だけあって大きな藤棚です。
まだまだ香りも残っています。
朝早くからご近所の散歩の方たちが藤を楽しんでいました。

ここを訪れたのは5月5日ですがすでにだいぶ散り始めていました。。


天王川公園の藤



藤の下には疎水がありましたが散った花びらで水面が埋め尽くされて
最初は地面かと思ってしまいました。


天王川公園の藤



散り落ちた花びらと藤棚の隙間具合からここの藤も終盤に来たことがうかがえます。


天王川公園の藤



4月末から5月始めが見頃だったのでしょう
その時はきっとすごい人出だったことと思います。。


天王川公園の藤



天王川公園の藤



今回は非常に失敗写真が量産されました。
早朝で曇り空の藤棚はシャッター速度が出なかったことによる手ブレと
適正露出がうまく出なかったのが原因です。
こういうときこそ三脚の重要性を感じました。(ナラモッテコイw)


天王川公園の藤



天王川公園の藤



天王川公園の藤



天王川公園の藤



天王川公園の藤



あまりに暗いからかセンサーが反応してライトが点灯し始めましたw

そしてここに来て30分ほどして雨が降り出してきてしまいました。


天王川公園の藤



天王川公園の藤



予想されていたとはいえ「あらら」な展開ですw
ちょっとの時間でしたが天王川公園の藤を楽しめました。
帰り際露店の方たちがお店の準備を始めていました。

来年は旬な時に訪れてみるです。。

theme : 花の写真
genre : 写真

祭りだよワッショィワッショィ☆ ヽ(*´ω`*)ノ


ニャホ━━ヽ(*´ω`*)ノ━━ォォ!!!


ゴールデンウィークはあちらこちらでお祭りです。
昨年写真を始めてからいつかお祭りを撮ってみたいと思っていましたが
お休みが合わず機会がありませんでした。
普段鳥さんやお花、風景などを撮っていてあまり人物を撮ったことがありません。
お祭りといえば人、人、人とどこを撮っても人が写ってしまいそうです。
なので今回はお祭りワッショィな人物に挑戦です。

見に行ったお祭りは愛知県の南、三河にある知立市の「知立まつり」です。
隔年で本祭と間祭があり今年は本祭が行われるそうです。
このお祭りは江戸時代から続いている歴史あるお祭りで
各町から5台の山車が繰り出します。

お昼頃知立神社に到着したオイラ
お祭りの段取りがまったくわかりませんw
山車はまだ来ていませんが神社には沢山の人がいました。


知立神社



お面の出店



山車は来なくても色々パシャパシャ


お払いの鈴




そうこうしているうちに人の波が入り口の方へ向かい始めました。
暫く待っていると一台目の山車が姿を現しました。


神社を訪れる方は一枚目の写真の幹線道路下のガードをくぐって来るのですが
7mの高さの山車は側道を迂回して来なければなりません。


山車がゆっくりと



梶棒連


方向転換をする前の精神集中です。


方向転換


目を閉じて



方向転換は後ろの梶棒を持っている方が
後輪を上げて方向を変えます。
その光景はとても迫力があって無事向きを変え終わったときには
拍手喝采がおきていました。


祭り男



舵取りの方が段取りよくその場を仕切ります。


山車とかたぐるま



山車揃い踏み



5台の山車が揃いました。
勇壮で煌びやかなその姿、5台揃うと壮観です。


それにしても砂埃がすごいですw
なのに構わずレンズをとっかえひっかえw
ちょっと経つとカメラが砂まみれです(涙)
こんな時にK10Dの防塵が頼りになります。


大役を終えて



皆さんお役目を終えて爽やかな笑顔です。


文楽



そして山車の上で文楽(人形浄瑠璃)が始まりました。
山車の上での上演はここだけだそうです。

その後からくりも上演されたみたいです。(見てませんw)


テレビ取材



テレビの取材も来ていました。
取材するテレビカメラを取材するオイラ。。


祭りの喧騒



そして知立神社を砂まみれになったオイラは後にするのでした、、


次の目的地へ急がなければ!

今日はお祭りのはしごなのですw (*´ω`*)ノ












theme : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
genre : 写真

奥琵琶湖の風景☆ .゚+.(o´∀`o)

こんばんヽ(。・∀-)人(-∀・。)ノゎん♪


あっという間にゴールデンなウィークも終わってしまい
また普段の暮らしに逆戻りです。
体が仕事仕様になるには暫く掛かりそうですw

琵琶湖ネタも最後になりました。
琵琶湖の北は自然が沢山残されていて非常に綺麗なところです。

その中でも菅浦は昔ながらの街並みが風情を感じさせてくれました。


菅浦



菅浦



小さな漁港がある港町ですが潮の香りがしないのが琵琶湖ですね。


菅浦



塗り壁の土蔵が今も残されていました。


菅浦



小さな町の中には幾つもの第○○作業所なるものがありました。
見つけただけでも20個ほど。
帰り間際にわかりましたが農機具を作っているヤンマーの部品を自宅に
併設された作業所で各家庭が作っているようでした。
この菅浦は交通の便が悪く昔は陸の孤島と呼ばれていていたそうです。
なのでこのような出張作業所があるのですね。


菅浦



菅浦



奥琵琶湖ドライブウェイで山の上まで上ってみました。
上から見た菅浦の集落です。


山の奥へ長く続く道は須賀神社へと続く参道です。
ここは最後の社への階段を靴を脱いで上がらないといけないです。


頂上の展望台では小さな鳥さんが出迎えてくれました。


ヤマガラさん



ヤマガラさんこんにちは♪


夕暮れ



山を降りて帰り道に日本夕日百選にも選ばれている湖北町水鳥公園で
夕日を眺めました。


夕暮れ



太陽が落ちそうになりよさげなポイントを探しました。
すると同じ目的の方が数名みえました。
やはり同じポイントを選ばれるようで皆で挨拶し並んで
夕日撮影です。


夕暮れ



琵琶湖は何度訪れてもその度に新しい魅力と変わらない魅力を見せてくれます。


最後におまけショットをw


お昼寝


この日は暑くて漁港のニャンコも車の陰でお昼寝中


お散歩ニャンコ



これがあなたにとっての安心できる距離なのですね


もしかして、、



もしかして昨年ホムペの表紙になってくれたニャンコさんですか?

theme : 風景写真
genre : 写真

春の琵琶湖 お花編☆

~(=^‥^)v☆*:;;;;;:*☆こんばんは☆*:;;;;;:*☆v(^‥^=)~


ガソリン価格が1日から大多数のお店が上がるとは予想できず
まるでどこかの大臣さんのようにビックリしているオイラですw


琵琶湖の残ったキーワードは「ノウルシ」。。
これは琵琶湖を訪れる前に色々とググっていて知ったお花です。
他にもシャクナゲがありますが山の奥まったところにあるようなので
今回は断念しました。

ノウルシの咲いている場所は新旭水車村のちょっと北の湖岸という
ことしかわかりませんでした。
探す楽しみも残しておこうと黄色い花としか調べずに捜索開始ですw

湖岸の駐車場に車を停めて捜索です。

しかーし鳥さんの囀りに足を止められてしまいます。(毎度のことですw)


カワウさんの団体さん飛翔



琵琶湖の南西方向から幾つもの群れで飛んできたカワウさんたち
湖岸近くで集まってまた東の方面へ飛び立っていきました。
これだけ数が多いと飛び立ちも壮観です。


エナガさんの雛ちゃん



湖岸沿いの水に浸かった木の上の方ではエナガさんの雛ちゃんたちが!
4匹がくっついて親鳥の餌を待っていました。
何故か一匹だけ反対を向いていますw
最初はなんの鳥さんかわかりませんでしたが
親鳥さんが来たのでエナガさんとわかりました。
大きくなったので巣を放棄したのか何かの理由で巣がなくなったのか。。
それとも飛び立ち間近なのですかね。。


と。「春の琵琶湖 お花編」と書いておきながら鳥さんですが何か?


鳥さんも一通りお腹一杯になったのでノウルシを探して湖岸沿いをテクテク

すると自転車に乗ったおばあちゃんから声を掛けられました。

お話を伺うとこの辺りでずっと昔から住んでみえるそうです。
昨年脳梗塞で倒れたそうで、当初は口も聞けなかったそうですが
リハビリの甲斐あって今では自転車に乗って散歩できるまで
回復したそうです。
今はお散歩の距離が長くなることが嬉しいのだそうです。
今日は今までで一番遠くまで行ってみるとのこと。。
オイラも何故か嬉しくなり目標地点までご一緒させていただくことにしました。
道中、琵琶湖の昔の風景のことなど沢山お話を聞けました。
帰り際自転車のかごにあったポンカンを頂きました。

おばあちゃんありがとうございました。

お別れした所で黄色い花が群生しているのを見つけました。


ノウルシ



多分きっとこれがノウルシと確信しました。
家に帰って確認するとこれがノウルシでした。
ノウルシ(野漆)は茎を折ると白い汁が出てきてかぶれるので
この和名がついたそうです。
絶滅危惧種に指定されていてこういった湿地帯が湖岸工事に伴い
減少していくとその数を減らしていってしまうそうです。


琵琶湖西岸の湿地帯



こういった自然をいつまでも残していきたいですね。
おばあちゃんも心配していました。


ビールはのどごし生w



あぁぁ、、ビールが飲みたいw


花といいつつw



菜の花とトンビさん



菜の花畑を見つけたので車を停めて。
電柱の上にはよく見るとトンビさんw


シャガ



奥琵琶湖の菅浦ではシャガの群生が見られました。


短い時間でしたが琵琶湖の春を体内充填完了しました。


だれか琵琶湖に別荘を買ってくださいw

theme : 花の写真
genre : 写真

藤の香りをクンクンと☆ ヾ(-ω-`o)



こんばんヽ(。・∀-)人(-∀・。)ノゎん♪


4月末のとある休日、愛知県でも藤の花が満開との情報が
チラホラと聞こえてきました。
昨年は近所の名城公園で初めて藤を写真に撮りました。
今年は名古屋市の北にある小牧市へ藤を見に行ってきました。

小牧市は岩崎にある清流亭という料亭の藤棚です。
ここは歴史がある老舗料亭で、藤棚は樹齢300年だそうです。


清流亭の藤



藤棚が川に張り出して設けてあるのでとても趣があります。

朝早かったですがすでに数人のカメラマンの方々が藤を楽しんでいらっしゃいました。


清流亭の藤



水面に映る藤の花が綺麗でした。


清流亭の藤



清流亭の藤



清流亭の藤を見た後に今度は西の方へ移動して江南市へ

江南市の曼荼羅寺の藤まつりへやってきました。
今日は藤のハシゴですw


曼荼羅寺藤まつり



ここ曼荼羅寺は「曼荼羅寺の藤」として有名で12種60本の藤が植えられています。
藤まつりを開催していてとても沢山の方がみえていました。

特設ステージではカラオケ大会も開催中でした。
おまつり期間中の予定表を見ると毎日カラオケ大会が開催されているようなw


曼荼羅寺藤まつり



藤はほぼ満開な品種が沢山あったので辺り一面いい香りでした。
お天気も良かったので棚の隙間から光が漏れてきてコントラストを作っていました。


曼荼羅寺藤まつり



曼荼羅寺藤まつり



ツツジとの色合いも素敵でした☆


曼荼羅寺藤まつり



曼荼羅寺藤まつり



花びらは落ちても綺麗な藤の色。。





theme : 花の写真
genre : 写真

綿帽子をジックリ見てみる☆



ヾ(*´・∀・*)ノ゚o。oコンバンワ♪o。o゚ヾ(o´・∀・o)ノ


4月の終わり頃に春日井市にあるグリーンピア春日井へ久しぶりに行ってきました。
なぜかここを訪れようと思うときには定休日が多かったりでご無沙汰でした。

今日は風が強い日でしたがスケッチをしに来られたご老人の方々が
沢山みえました。
そういえばスケッチなんていつしたでしょうか。。


…|ω・`*)



タンポポも綿帽子になったものが多くなってきました。


タンポポ



中はどうなっているの?
そこでピントを奥にしてみました。


タンポポ



んーなるほど .゚+.(o´∀`o)



タンポポ




そしてパラシュートなそう果は次の世代への新しい命として飛び立つのでした。


タケノコ



美味しそうなタケノコもニョキニョキと


テントウムシ



そしてテントウムシさんにバイバイを言って帰りました。

こんな平和な春の一日をありがとう。

theme : 花の写真
genre : 写真

春花爛漫☆ .゚+.(o´∀`o)


オハコンバン━━ヽ(*´ω`*)ノ━━チワァァ!!!


GWネタは整理が追いついていないのでw
4月の蔵出しネタを出します、、(・ω・;A)アセアセ…

4月の中頃、天気は生憎の曇り空だったですが
以前から行ってみたかった港区にあるブルーボネットという所へ行ってきました。

公園などでは同じ種類のお花など綺麗に植えられているのが
普通の光景ですが、ここはワイルドフラワーガーデンと呼ばれているように
野草たちが豪快に花が咲いています。
幾種類もの種を一度に蒔く事で自然に近い状態にしているそうです。


ワイルドフラワーガーデン



ここは中央のお花畑です。
青い花はここの施設の名前にもなっているシンボルフラワーであるブルーボネットです。


黄色いお花w



これまた黄色いお花w



ワイルドに咲いているので名前がさっぱりわかりませんw


(・ω・;A)アセアセ…



.゚+.(o´∀`o)゚+.゚



なので記事もワイルドに写真だけを並べてみたり(滝汗)


ヾ(*´・∀・*)ノ




~(=^‥^)



(⊃д⊂)



水玉の宝石



水玉が宝石のように輝いていました。


お祭り



ミニチュアの神社ではお祭りが。。


ここはデザイナーがデザインしたガーデンや美味しい花のジャムなど
お花好きにはたまらない所ではないでしょうか。

今日はマクロでお腹が一杯になった一日でした♪
そして次に訪れたときは名前をしっかり調べたいと思いますw

theme : 花の写真
genre : 写真

琵琶湖で鳥撮り鳥見三昧再び☆ ヾ(*´・∀・*)

こんばんヽ(。・∀-)人(-∀・。)ノゎん♪



琵琶湖ではいつも沢山の鳥さんに出会えるのでとても楽しみです。
すでに冬鳥さんたちは北や高い山へと帰ってしまったので
今回は夏鳥さんを探しにきました。
でもそもそも夏鳥さんってどんな鳥さんたちなの?
ってとこから始まったりしますw
なので兎に角、鳥さんが沢山見られたら嬉しいです♪
今回は二日間でしたが新しい鳥さんなどにも会えました。


初日の蒸気機関車を見る前に冬にコハクチョウさんを見た早崎内湖ビオトープ
をちょっと見てみました。
当然コハクチョウさんはいませんでしたが葦原からは
沢山の鳥さんの鳴き声が聞こえてきました。


コムクドリさん



初見なコムクドリの雄さんです。
最初はムクドリさんの若さんかなと思いましたがmixiのコミュで
伺ったところコムクドリさんと教えていただきました。


キジさん



キジさんこれだけ大きいのに隠れるのがうまい鳥さんです。
声は聞こえど姿は見えずというやつですねw


カワセミさん



こんな広いところでカワセミさんにも会えました。


オオルリさん



初見ですがきっと多分オオルリの雌さんではないでしょうか、、


時間に余裕を持って出発したのに時間を忘れて
鳥さんに夢中になってしまいいつの間にか蒸気機関車の時間が迫っていましたw


翌朝立ち寄った新旭水車村では初見なオオルリの雄さんに会えました。



オオルリの雄さん



夏鳥さんとして旬な鳥さんだと聞きました。
青い色がとても綺麗です。
行動がシロハラさんに似ていますねー
茂みの中をガサゴゾしていました。


そしてコツコツと木を突く音が、、


コゲラさん



コゲラさんが巣作りの作業中でしたw


コゲラさん



結構近いところだったので緊張しましたw


そして琵琶湖岸の湿地葦原ではうるさいほどの鳴き声がしました。


オオヨシキリさん



初見なオオヨシキリさんです。
今回琵琶湖で一番賑やかな鳥さんでしたw


そして飯浦という所にやってきました。
ここには竹生島への遊覧船の発着場と奥琵琶湖ドライブインがあって
バス釣りをしている時によく訪れたのですが残念ながら閉鎖されていました。
その頃を思い出すように風景を堤防に座りながら眺めていると
上空のトンビさんがいきなり目の前の水面にダイブです!


トンビさん



ビックラするではないですか!(〃゚д゚;A アセアセ…


奥琵琶湖をドライブしがてら海津大崎の大崎神社に立ち寄りました。
ここもバス釣りをしていた時はよく釣りしていた所ですが
大崎神社に入るのは初めてです。

山の中腹にありそのまま山裾を歩道沿いに歩くと
トンネルの向こう側の海岸へ降りられるようになっていました。
その途中のお稲荷さんの祠前でいきなりバサバサッと羽音が!


神の使いさん



なんとフクロウさんではないですか!
しかも思いっきり目が合っちゃっていますしw
ドキドキして夢中でシャッター押しまくりですが逆光なので真っ黒ですw
でもファインダーではしっかりと輝く瞳が見えていました。
写真は暗い部分を明るく補正しました。
お稲荷さんの祠の前なのできっと神様のお使いの方ですかね。。


カンムリカイツブリさん



最後に湖北町野鳥センターの前でカンムリカイツブリさんに会いました。

楽しい一日は早く時間が過ぎるようで早くも夕暮れが迫ってきました。


オオバンさん



夕日が湖面を黄金色に染めていきます。
オオバンさんも寝床に帰るのでしょうか。。


やはり琵琶湖はいつ訪れても楽しさがありサプライズがあり
受け止めてくれる器の大きさを感じました。



theme : 野鳥の写真
genre : 写真

高島の棚田にて琵琶湖を見下ろす☆ (о・ω・)

ヾ(*´・∀・*)ノ゚o。oコンニチヮンo。o゚ヾ(o´・∀・o)ノ


湖北町で蒸気機関車 北びわこ号を満喫したオイラは
その足で琵琶湖の西にある高島市へ移動です。
次のキーワード「棚田」を目指しました。
しかしオイラのことですからあまり詳細にリサーチせずに来ていますw
大体この辺りだろうと車を走らせてみると
白髭神社を南下した辺りで山の斜面に棚田を発見
車が入っていける道を見つけて棚田のちょっと上の方へ。。

すると三脚を据えている方が一人みえました。
そしてオイラと同時にもう一人の方が写真を撮りにみえました。
みなさん他県ナンバーです(オイラ含む)。
どうやらここが撮影ベストポインツなようですね。
挨拶を交わして暫く同じところからの眺めを楽しみました。


鵜川の棚田




ここは棚田と琵琶湖と湖西線を走る電車を絡めて撮影できる所なのでした。。

ってことは皆さん鉄男さんですねw(オイラは違いますからwきっと…)

ここ鵜川の棚田は現在、放棄地が全体の1/3あり今後の存続が危ぶまれていて
打開策として一般の方々に田んぼをレンタルするなどの試みがされているそうです。
棚田は普通の田んぼよりも手間がかかる上に高齢化と後継者不足などもあり
維持存続には大変なご苦労があると思います。
棚田が機能することにより山から加水が琵琶湖に流れ込むのを緩和したり
環境維持には棚田の機能が欠かせないのだそうです。

オイラはただ見て「綺麗だなー」とか言っているだけなのでせめてお邪魔しないように
しないとです。


農作業をされている方にお声をかけて上の方まで歩かせていただきました。


鵜川の棚田



鵜川の棚田



今日は風もなく田植え前の水を張った田んぼが綺麗でした。
琵琶湖の水と棚田の水。
水がある風景は心が落ち着きます。


鵜川の棚田



下から見上げると石積みの美しい棚田が見えました。


鵜川の棚田



今が丁度田植えの時期ですね。
お仕事ご苦労様です。 お邪魔します (・ω・;A)アセアセ…


鵜川の棚田



オイラはこの畦の芸術的な曲線が好きです。


鵜川の棚田



平鍬を使って器用に畦ぬりをされていました。まさに職人芸ですね。。


鵜川の棚田



そろそろ日が落ちてきました。
山の東斜面に棚田はあるので日が暮れるのも早いです。


琵琶湖の西側には他にも棚田がいくつもありますが
今回は時間の関係でここしか見ることができませんでした。
次に訪れたときは他の棚田も回ってみたいと思います。

theme : 風景写真
genre : 写真

汽車汽車シュポシュポ☆ ヽ(*´ω`*)ノ

ΗЁLL0♪ヾ(-ω-`o)=ε3=ε3=ε3=ε3


このところお天気がいい日が続いていてナニヨリです♪
ゴールダンウィークということで
ちょっと遠出をしてみました。

遠出といっても今のオイラには琵琶湖ぐらいが精一杯ですがw
昨年の今時分に釣りと写真を兼ねて旅行した時にカメラの楽しさに
目覚めたことを思い出します。

あれから一年ですかー (シミジミ

今回の旅のキーワードは「棚田」「蒸気機関車」「夏鳥」「のうるし」です。
このあたりを絡めながら琵琶湖の上の方をブラブラの予定です。


いつのことか琵琶湖で蒸気機関車が走っているという話を聞きまして
ネットで調べたところ春夏秋冬の各シーズンごとに数日ずつ
琵琶湖の北陸本線の米原~木之本間で運行されているとのこと
そして春はゴールデンウィークの期間で数日走るようなので
それに合わせて行って来ました。

そもそもオイラは鉄男でも鉄ラーでもありませんが
豊橋の市電と明治村の蒸気機関車を見てからちょっと鉄道に
興味が出てきています。
しかし鉄道に関しては素人なので運行区間のどこで撮影したらいいかわかりません。
色々調べたらアバウトですがなんと撮影場所が決まりました。
一日で午前と午後の二回しか走らないのでシャッターチャンスはあまりありません。

朝一に鳥撮り鳥見で思いのほか時間を費やしていることに気づかず
ぎりぎりで最初のポイントへw
まずは遠くから琵琶湖を入れた風景と一緒に撮ってみようと
虎御前山という山のキャンプ場へ登りました。
現地に到着すると数人の方がすでにスタンバっていました。
挨拶をして一緒に撮らせていただきました。
ここでもオイラだけ「三脚持ってこない派」ですw

暫くすると蒸気機関車がやってきました。


北びわこ号



おー!汽笛と共に登場です。
奥に琵琶湖があるのですが靄で霞んでいます(涙)


北びわこ号



あっという間に走り去っていきました。。

撮影が終わりまた山を降ります。


トンボ



山を降りている途中で見かけた今年初のトンボさん
綺麗な緑色をしていました。
名前は、、 (・ω・;A)アセアセ… キレイナコガネイロトンボと勝手に命名w


次の撮影は午後なのでそれまではまた鳥撮り鳥見三昧です。
鳥さんは後日鳥さん編でアップの予定です。


ここを走る蒸気機関車は北びわこ号という名前で通常はJR西日本が普段は京都にある
京都梅小路機関車館で動態保存しているものをもってきて走らせています。
昭和10~14年に作られたC-56で愛称「ポニー」と呼ばれている蒸気機関車です。
米原から木之本の20キロちょっとを40分ほどでゆっくりと走ります。

動く蒸気機関車は明治村で初めて見ましたが実際に本線上を走っているのを
見るとその迫力に圧倒されました。


今度は近くで撮ってみたいと思い平坦な所が多い中で上り坂のカーブがある
河毛駅のちょっと北へ行ってみました。
上り坂だと煙を沢山出してきっと迫力があるだろうと思ったからです。
そこは有名な撮影ポイントらしく沢山のカメラマンさんが
今か今かと待ち構えていました。

オイラはちょっと離れた田園でスタンバイです。
ここにも数人の方が待っていました。

時間になり汽笛が聞こえますが中々やってきませんw
上り坂なのでゆっくりと徐々にその雄姿が見えてきました。



キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!



北びわこ号



北びわこ号



北びわこ号




おー!間近で見る走る蒸気機関車はすごいです!かっこよかです♪


そして感動覚めやらぬうちに終点駅の木之本へ向かいました。


木之本駅にて



本日の運行を終えて束の間の休息です。


旅の記念に。。



ホームは沢山の人で賑わっていました。
そして乗車を終えた方々が記念撮影をしていました。

運行は往路のみなのでここからまた機関車に牽引されて米原駅へと
戻ります。


お尻に連結☆



バイバーイ☆




きっと皆さん帰りの牽引されている所も撮影していることでしょうね。。


今回とっても感動したのでまた機会を見つけて撮ってみたいと思いました。
かといって鉄男さんへの道まっしぐらなわけではありませんw


そして次のキーワードへと車を走らせるのでした。

theme : 鉄道写真
genre : 写真

プロフィール

『mimi』

Author:『mimi』
Snap Thot
写真のホムペやってます☆
ω・´) mimiのふりふりフリフ♪
引越し前の旧ブログになります
■ブログランキングに参加しました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 写真ブログへ
ポチしていただけるとうれしいです♪

カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ご訪問ありがとうございます☆
いらっしゃいませ♪
人の方が閲覧中です☆
メロパ☆.゚+.(o´∀`o)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
何処から来たのですか?☆
訪問者様は何処からこられたのですかね。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。