こんにちは☆ ヽ(*´ω`*)ノ
ようこそいらっしゃいませ☆ 。゚+.(o´・ω・`o)+.゚。
趣味であるカメラと自転車のことを主に書いています。
カメラは始めて一年半ほどになります。デジイチにペンタK10D、コンデジにパナLX-3を愛用中です。
自転車は2008年7月から乗り始めたDAHON speed P8という折りたたみ自転車に乗って
ポタや輪行を楽しんでいます。年末から台湾製ブロンプトンが仲間に加わりました。
ユルリとココアでも飲みながら見てやってください☆ ヾ(-ω-`o)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渥美半島シーサイドポタ☆ |ョω・`*)ゝ

渥美半島

愛知県の南端、渥美半島を走ってきました。
お天気の良い休日、メジロ君を車に積み込んで出発です。 
自宅から休憩も含めてゆっくり走りながら3時間ほどかかったでしょうか、
渥美半島先端にある伊良湖岬の道の駅「伊良湖クリスタルポルト」に到着です。

んー… 県内ですが結構遠かったですw ε-(・´ω`・;A


伊良湖クリスタルポルト


この道の駅は三重県鳥羽などへのフェリー旅客ターミナルも兼ねています。
メジロ君を組み立てて軽い点検をし、ここから渥美半島先端一周ポタ開始です。
今回のポタは東海道自転車散歩を参考にさせていただきました。

海沿いですが風もほとんどなく絶好のポタ日和です☆
でも薄曇りで太陽が見えないので写真にはちょっと条件が悪いです、、


コースは渥美半島先端を時計回りに最初は伊勢湾沿いを走り半島を横断して後半は
遠州灘側を走るというものです。


渥美半島


海岸沿いを気持ちがいいほど真っ直ぐな道が続いていました。
すぐ横の舗装された車道の方がロードは快適な走りができますが海沿いギリギリを
走りたかったのでちょっと道が悪いですがコチラを走ることに、、


今回からペダルにハーフクリップを付けてみました。

足がペダルに吸い付くようでペダリングが楽になりました。
靴が当たるところに皮カバーが付いているので傷が付きにくくなっています。
ストラップがない為、足もすぐに外せるので脱着にアタフタすることもありません。
クラシカルなスタイルのメジロ君にはこういったモノが似合うような気がします。
鉄ッチンなので軽量化には無縁ですがw



ハマヒルガオ


堤防のコンクリートの切れ間にハマヒルガオが咲いていました。


ハマウドとてんとう虫


ハマウドにカップルのてんとう虫さん。。
今日はロードですが”走り”よりもいつものポタペースで走れています。(^^


風車


中部電力渥美火力発電所には風力発電の大きな風車が並んでいました。
車での道中にいくつも見かけたのでこの土地が普段は風の強いところなのだと
いうことを思わせました。


発電所を越えたあたりから漁港などを通り堤防道路を走りましたが
舗装が悪く23Cのタイヤでは快適には走れませんでしたが
ノラリクラリと進みました。
こういった時は太目のタイヤがいいなーって思います。

プチ迷いながら街中に入り半島を横断しました。

中盤から最初の上り坂に突入ー☆
坂が苦手なオイラはゼーゼー息を切らしながら坂制覇です。 (@@;

坂を越えると嬉しい下りが待っていました。
そして道中に沢山の温室を目にしました。
温暖な気候の渥美半島はメロンや電照菊などの栽培で有名なところだそうです。


電照菊


ちょっと時間が掛かりましたが太平洋側へ近づいてきたのでコンビニで一休み。


紫陽花


紫陽花が咲き始めていました。

そろそろ紫陽花の時期なのですね。。
今年も何処かへ見に行かなきゃです☆
そういえば蛍もそろそろですか。。


遠州灘


遠州灘へやってきました。
ここからは半島の先端まで続く渥美豊橋サイクリングロードを走ります。


渥美豊橋サイクリングロード


一部海が見えない部分もありましたが大半は海を見ながらの走りになります。

潮の香りと綺麗な景色を見ながらの自転車は楽しいです☆
専用道路なので車の心配もないのがいいですね。
でも道幅があまりないので休日などは歩いてみえる方も利用されるでしょうし
交通量も多いでしょうから注意が必要ですね。


表浜海岸


表浜海岸はアカウミガメの産卵地として有名だそうで
近年はオフロード車など人が入ることにより環境が荒れてきたので
規制をし保護しているそうです。



日の出の石門


日出の石門というのがあったのでメジロ君を停めて近づいてみました。


日の出の石門


太平洋の荒波により長い年月をかけ侵食された洞穴がありました。
日の出の時に見せる石門のシルエットがその名の通り美しい光景なのだそうです。


何気に石門の横にある岸壁を見てみると崖の上に人がいました。


断崖の釣り師


よく見ると絶壁の上から投げ釣りをしているではないですか! (@@;
命知らずとはきっとあの方をいうのでしょう、、
それにしても釣れたとしてお魚を無事上まで上げれるのでしょうか、、


そしてここから激坂が待ち構えていました。
路面にタイヤの滑り止めの丸い穴が開けてあるところからしても急な坂です。
立ち漕ぎで挑みましたが終盤10mほどを残し足を着いてしまいました、、

坂なんてキライダ…  ゚・・゚・(つД`゚)・゚


でもそんな激坂を上り終えるとご褒美が待っていました☆


ご褒美w


恋路ヶ浜


眼下に恋路ヶ浜の景勝が一望できました。 (^^
この美しい海岸風景は日本の渚百選や白浜青松百選などにも選ばれている
のだそうです。


ジェットコースターのような下り坂を少々ビビリながら楽しんで
恋路ヶ浜まで降りてきました。


恋路ヶ浜



恋路ヶ浜


ここにはいくつものお土産屋さん兼お食事処が軒を連ねていました。
ここで今日の目的の一つである名物を注文しました。


大アサリ


大あさり(500円也)です。
プリプリで貝柱も大きくあっという間に美味しく完食です。。
絞りたてのメロンジュースもいただきました。
とってもメロンメロンして美味しかったです。


椰子の実


こんな風にゴロゴロと椰子の実も売っていましたw

ここ渥美半島は昔、名も知らぬ南の島から流れ着いた椰子の実を見つけた
島崎藤村が作った「椰子の実」の歌にちなみ椰子の実も有名なのです。



恋路ヶ浜


暫く砂浜を歩き綺麗な景色を堪能しました。
靴の中が砂だらけになりましたがw


ここから少し歩くと半島の先端に灯台があるのですが、そこでの夕日が綺麗ということで
日没までまだ時間があったので一旦車に戻ることにしました。


伊良湖クリスタルポルトでお土産を買ったりして休憩です。
そして赤羽根まで車を走らせました。


延々と続く砂浜は太平洋ロングビーチといい
波乗りたちの人気スポットで国際大会も開催されるのだそうです。


赤羽根


暫くサーフィンを眺めていました。。


いい時間になったので恋路ヶ浜に戻ります。
そして灯台まで歩きました。


コマツヨイグサ


途中で見つけたこれはコマツヨイグザでしょうか。。


伊良湖岬灯台


ここは大型船舶の往来が多かったです。
この灯台の功績は大きいと思いました。


伊良湖岬灯台


今日は薄曇りで綺麗な夕日は期待できそうにもないので
夕日のオレンジ色だけいただくことにしました。


伊良湖岬灯台


次はこのフェリーに乗って旅をしてみたいです。



そして帰路に着きがてら最終目的地を目指します。


日もトップリと暮れてやってきたのは渥美半島で一番標高が高い蔵王山(250m)です。

ここから見る夜景が綺麗と観光協会のサイトで知ったのでやってきました。


展望台は定休日でしたが売店や食堂がお休みなだけで展望台には入ることが
できました。


蔵王山


ここにも巨大な風力発電施設が。
展望台は室内なのでどうしても室内が写り込んでしまいます。


蔵王山


海沿いの工業地帯や田原の街はキラキラしてとても綺麗でした。
空気の澄んだ冬ならもっと綺麗だと思います。


蔵王山


三脚を持っていなかったのでコンデジを窓枠に置いて撮りました。


蔵王山



この後豊橋市内で一泊する予定でしたが着替えセットなどを忘れたため
帰路に着きましたw (^^;


渥美半島は家から一番遠い愛知県でしたが魅力一杯のところでした。
また訪れてみたいと思います。


走行データは間違えてリセットしてしまったので覚えている範囲でw

走行距離 40キロぐらい
走行時間 3時間半ほど
平均速度 17キロ


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村よろしければポチっとお願いします☆ ヾ(-ω-`o)

theme : 海のある風景
genre : 写真

Comment

Secret

No title

お邪魔します。

今から20年ほど前、車で2回渥美半島を回ったことがあるのですが、当時の記憶がよみがえり、懐かしく思いました。
やっぱり渥美半島の定番は、大あさりですよね。ちょっと醤油からかったけど、うまかったな。

No title

メジロ君の乗り心地は如何ですか?
何年か前の夏休みに伊良湖岬へ行った時、見ましたよ。
ヤシの実!
1杯いくらだったのかまでは覚えてませんが・・・
メロン食べ放題でお腹いっぱいだったのでスルーでした。

海辺を走るのも気持ちよさそうですね。
この週末、昨日は清掃活動、今日は雨。
自転車に乗る事が出来ないので、ちょっと寂しいです。
今日は、のんびりとポタ計画でも練ってようかと思います。
mimi さんの行く所、ホントに参考になるんですよ(^^)

No title

おお、エライですねー。
私はついつい走る方ばかりに集中して
写真が疎かになってしまうのですが、
mimiさんはバッチリ撮影もしてて、さすがです。
私の場合、いちいち停まってカメラ出してという作業がメンドクサクなっちゃうんですよね・・・
ヒルクライムにも挑戦したのかと思ったら
蔵王山は車で登られたんですね。
今度は自転車で挑戦してみてください。
たぶん相当キツイと思います。

No title

渥美半島は、もう10数年前に一度車で行ったきりです^^;
海岸沿いだけあって、景色が良いですね^^
夏だと人が多すぎて、冬だと寒そうなので、今の時期が
一番良さそうです。

新しい自転車は、調子が良さそうですね。
長い距離を走るときは、やっぱりタイヤが大きい方が安定感が
あって良いんじゃないですか?
ただ、路面を見ると結構荒れているので、23Cのタイヤでは
走りづらそうです・・・
mimiさんの走り方なら、もう少し太いタイヤの方が良いような
気がします。
パンクの確立も減りますしね^^

大アサリ、美味しそうです。
3個で500円ですか?
さすがに1個500円って事は無いですよね^^;

おてらやさんへ

こんにちは☆
おてらやさんも渥美半島へ行かれたことがあるのですね♪
当時の風景とあまり変わりなかったでしょうか?
渥美半島へは大あさりが目的で行ったようなものですw
今度は春の菜の花が咲く頃に再訪してみたいです☆(^^

まさひろさんへ

こんにちは☆
メジロ君は細いタイヤなので路面状況を選びますが舗装路では軽快であります♪(^^
まさひろさんも渥美半島へ行かれたことがあるのですか☆
椰子の実は案外お安く300円ぐらいだったと思います。
実に穴を開けてチューチュー飲んでみたかったです。

これから本格的な梅雨に入るとこれまた自転車に乗れないことが多くなりそうですがアメニモマケズポタポタしましょう☆
少しでも参考になっていただければ嬉しいです♪(^^

まーろんさんへ

こんにちは☆
快適に巡航しているとついつい走りが楽しくて写真を撮る為に止まる事が少なくなってしまいますね (^^;
今回は序盤で路面状況が悪くゆっくりと走らなければならなかったことが幸いしたようですw
半島を横断中は快適な巡航だったので写真を撮っていませんです(^^;
蔵王山は車でも山を登っている感バリバリだったので自転車だったら… (@@;
自転車好きの方で坂や峠が好きな方がみえますがオイラは坂がとっても苦手です、、(@@;
でも登った後の景色と下り坂があると思うと登ってみるかと思えてきますね☆

いわしさんへ

こんにちは☆
いわしさんも渥美半島へ行かれたことがありましたか!
皆さん結構行かれているのですね。。 行っていなかったのはオイラだけですかね?(^^;
青い空だったらもっと良かったのですが風が強くなかっただけでも良かったと思います☆
やはり今回のような路面状況にも今後も出くわすことが多くありそうなのでいわしさんの言われるように太いタイヤの方が快適さやトラブルの軽減に有利ですよね。
ちょっと検討してみます。(^^
大あさりは3個で500円でしたよ。(^^
恋路ヶ浜を見ながら食べたので美味しさも格別でした♪
プロフィール

『mimi』

Author:『mimi』
Snap Thot
写真のホムペやってます☆
ω・´) mimiのふりふりフリフ♪
引越し前の旧ブログになります
■ブログランキングに参加しました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 写真ブログへ
ポチしていただけるとうれしいです♪

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご訪問ありがとうございます☆
いらっしゃいませ♪
人の方が閲覧中です☆
メロパ☆.゚+.(o´∀`o)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
何処から来たのですか?☆
訪問者様は何処からこられたのですかね。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。